リバプールFC応援日記 -the perfect outsider-

お疲れ様です。 Liverpool FC ファンブログです。 "愛スヘキ ダメポナ リバポ 応援シ―"

 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なんか見たことあるのがいっぱいいる


Real Madrids players applaud Xabi Alonso at his first training session at Valdebebas
白いヤツら「おせーぞ!千両役者!」 ア「ごめん ごめん」

Real Madrids new signing Xabi Alonso, third left is welcomed by some team members
ア「いや~ 宿題終わるまではって、姉さんが。」 馬鹿共「はっはっは。さもありなん」

軽口を叩いておりますが、現実となるとショックですね…。
昨年から噂が絶えず、しっかり予防線を張れていただけにヒューピアの時よりは軽症かもしれませんが。

値段や年齢、怪我、彼自身のことを考えると良いタイミングなんでしょうが… やはり戦力的に痛すぎ。
所謂守備的MFはたくさんいても、彼やピルロのような専門職は希少種ですからね。タイプ違うけど。

特に昨年のリバプールはCBが両翼に大きく開く形が多かったですから、中盤の底に入る選手の質がアレだと― 今年はどうするのか、見ものです。

決定までかなり長引きましたが、時期的にロナウドやカカーのような「アラ!レアル・マドリー!」と叫ぶだけのこっ恥ずかしいセレモニーに狩り出される彼を見ないで済んだのは何より。

マドリーにはガタガタになってネタをたくさん振りまいてほしいんですが、アロンソが居るなら別。
この辺は意見が分かれるところでしょうか。個人的には、向こうで頑張って。 私も今年はカイト命で頑張ります。


Alvaro Arbeloa from Spain gestures during his physical exam in Madrid
 ↑以前去った人。


In this photo released by Real Madrid, Xabi Alonso, Real Madrids new signing gives the thumbs-up during his medical examination in Madrid
 ↑今回去った人。


Real Madrids Xabi Alonso (R) attends his first training session with his team mates (from L) Klaas Jan Huntelaar, Cristiano Ronaldo, Kaka and Alvaro Arbeloa
なんでしょう。不思議と笑える、この写真。 フンテラールはミラノ方面へ行きましたね。

Sponsored link



Comments

長々書いてしまいました; 
こんにちは、お久しぶりです。

TOPの写真のキャプション、うまいですね!「主役は遅れてやって来る」と言いますが、ねーちゃんが止めていたのか(笑)。暖かく迎えられた様子なのが何よりです。白いチームはこれで獲得終了宣言したようですね。彼が入ったことで、適当にごちゃごちゃしていたチームに一本太い芯が入ったように思います。ビジャを「高い」とあっさりベンゼマに移ったペレスが、いろいろ揉めながら結局言い値を払って獲得したのは、よっぽどアロンソが欲しかったんでしょう。

これでレッズはチームのオーガナイザーというかコンダクターを失ってしまったわけですが、141さんはそこをどう埋めていくと予想しますか?おっしゃるように彼が希少種なのは、今のフットボールで底でボールを操る時間を得るのが難しくなっているからだと思います。ピルロのように両脇を助さん角さんで守るという形もありますが、それだと中盤の攻撃力が期待できず、前線に強力な攻撃の選手を置いてそこに頼らざるを得ません。クロスを入れる仕事がウィングからSBに移行しているように、コンダクターの仕事もMFからCBに移って行くんじゃないかと思うんですが、どうでしょう。その役割を私はアッガーに期待したいと思っているんですが・・・。
 
長文大歓迎です 
おお、フニクラさんからコメント頂けるとは。光栄です。
こちらこそすっかりご無沙汰してしまって申し訳ありません。お体の調子は如何ですか?

功労者の移籍を茶化すのもどうかと思ったんですが、早速向こうで歓迎されていることもあり、ここはあえて明るく振舞うべきかと思った次第でして。ロナウドのゴールにカカやアロンソが抱きつき、さらにアルベロアが乗っかる(出てれば)絵を想像するや今からヘンな汗が出まくりです。

さて、彼の抜けた大きな穴の件ですが、誤解を恐れずに言うと(笑)、ルーカスでなんとかなると思います。ビッグマッチ限定で。
ウィガン戦やFAカップのエバートン戦などパンチしたくなるようなミスもやらかしますが、彼は地味に良くやっていると思います。

昨年のCBが大きく開く形は、極端な話、アロンソが抜けることを想定した形でした。
一昨年前のアッガーの負傷以来ビルドアップに難点を抱え、アロンソも怪我がちだったことからやり始めたんですよね。

しかしこの形ではバイタルエリアのケアと自陣でパスカットされないためにアンカーを置く必要があるわけで、マスチェラーノが代表で南米帰りだったりするとかなり頭の痛いことになります。
そうなると、攻め上がり方を変える必要性からアッガー頼んだ(苦笑)というケースも増えそうですね。困ったな。

ちょっと考えていることが同じで吃驚したんですが、私も司令塔的役割はMFからCBに移って行くと思います。
中にガンガン入っていくジョンソンと高い位置でしか期待できないドッセーナのファンタジーを見ていると、イタリアのように3バックでアッガー頼んだもアリか、やらないだろうけど、と丁度思っていたところでした。

まだどうなるかわかりませんので、とりあえず今年も「またぁ!?(怒)」と言う準備だけして開幕を迎える予定です(笑)
 

Leave a Comment



※スパム対策のため承認後公開。管理者承認&リプライをお待ち下さい。

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

11

01


 
Sponsored link
 
Sponsored link


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
p class=p class=