リバプールFC応援日記 -the perfect outsider-

お疲れ様です。 Liverpool FC ファンブログです。 "愛スヘキ ダメポナ リバポ 応援シ―"

 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


親の心子知らず


Ryan Babel of Liverpool celebrates scoring the third goal with Lucas Leiva and Dirk Kuyt
右。何かと話題の二人。今回火中、じゃない、渦中の人は一番右。

Broken Ryan Babel wants to return home - Liverpool FC latest (Liverpool Echo)
Kuyt backs Babel's cause (Sky Sports: 動画)

最低の燃料投下と火消し。

ライアン・フーノ・バベル君のコメント:

なんか、まえにいろいろやくそくしたのに、はなしがちがうとおもいます。
ぼくはもっと出じょうするチャンスをもらえるはずなのに、いまは出れそうにないです。
なぜなら、それは、かいまくせんで負けたからです。

ことしはワールドカップがあるので、このさいアヤックスにもどってやるのもいいとおもいます。
ぼくはアヤックスだったらかつやくできるとおもうからです。

このなつ休みには、そういうはなしはないみたいでした。
なので、いまは、ふゆ休みになったら、あらためてかんがえようねということになってます。
これは心から出じょうをのぞむぼくからのけいこくです。


続きまして、これに対し大人なフォローをするカイト。

ディルク・カイト兄さんのコメント:

彼はリバプールの力になりたいと思っているし、そのために全力で再起してくれると思うよ。
リバプールにいるのは幸せなことだけど、選手なら誰だって試合に出たいという気持ちもわかる。
きっとワールドカップを控えていることで焦燥感を募らせているんだろう。
彼がリバプールでプレーしたいと思っていることは確かで、できるだけ早い内から試合に出たいと思っているだけなんだ。

僕たちには優秀な選手が多くいるから、彼のポジションでプレーする選手だってたくさんいる。
それだけに彼も一生懸命努力しなければならない。
そして僕は、彼がリバプールで、代表で、必ずやってくれるだろうと信じているよ。



カイト泣かす。また「朝ちらっと見たんだけど」みたいな話の入り方が上手いですね。各方面に気を使って。
一方、どうしましょう、このネンネ。

クラブがより勝利を追求しなきゃいけないから出場機会は望めそうにない、という捻じ曲がった発想もどうかと思いますが、

お前には、自分がアヤックスで誰かの出場機会を奪うかもしれないという発想はねーのか。

カイトが言うようにオランダメディアが面白がって煽っている側面も多分にありましょうが、概ね本心でしょう。
伝聞的に意思を伝えるよくある方法に見えて、実のところそんな政治的意図はおそらく無い。
代表落ちの焦燥感から感情的になっていたかもしれないことを考慮に入れても、今回のコメントはちょっと。

まぁ、ヒップホップバンドをやってるんですから、こういう怒りを歌にぶつけたらいかがですか(笑)

残って頑張ると言ったんだから、頑張ってくれ。一応、5日、楽しみにしてます。

Sponsored link



Comments

Leave a Comment



※スパム対策のため承認後公開。管理者承認&リプライをお待ち下さい。

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

11

01


 
Sponsored link
 
Sponsored link


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
p class=p class=